WWDC 2017で発表されるかもしれない!12インチ新型Macbookの予想

いよいよ来週6月5日から9日にかけて、Appleが、恒例の開発者向けカンファレンス「WWDC 2017」が開催されます。

WWDCとは

出典 aolcdn.com

WWDCとは、Appleが毎年開催している開発者向けイベントで、WWDCはWorldwide Developers Conferenceの略です。
ハードウェアやソフトウェア、次期オペレーティングシステム(OS)の概要などが発表されることが多いため、開発者だけでなく、多くのAppleユーザーが注目するイベントです。

WWDC2017では、たくさんのハードが発表される予感

出典 socius101.com

例年のWWDCでは、ハードよりもソフトの方が大々的に発表されることの方が多かったようですが、
今年は一足違うようです!

今年は、10.5インチのiPad Proや、Macbook、さらには第7世代(Kaby Lake)Coreプロセッサーを搭載したMacbook Pro、もしかすると消えてしまうかもと言われていたMacBook Airも出てくる可能性があるかもしれません。

また、Siri搭載スピーカーが出るのではないかとも言われています。

第三世代Macbookに期待

出典 socius101.com

今回のWWDC2017では、Siri搭載スピーカーに注目している人も多いかと思いますが、
中でも最も期待したいのが、Macbookです。
Macbookの登場より、2年が経っていますがそれほど大きなアップデートもありません。

劇的な軽さのMacbookですが、CPUが省電力版のYシリーズということで、パワー不足に不満を感じていた人も少なくはなかったそうです。

今回も、軽量化と省電力で電池を長持ちさせるためにYシリーズの採用かと考えられますが、2016年earlyモデルの時のマイナーチェンジのようにパフォーマンスが大きくアップすることを期待したいです。

ただ、先日Microsoft社より発表のあった、Surface proがかなりの軽量化でcore i5だとファンレスになっていたところから、Macbookもcore i5採用になってほしいと、望んでいます。

新型Macbook Proが32GBのRAM採用でMacbookが16GB採用の可能性


出典 theapplepost.com

なんと、次期Macbook Proは、32GBのRAMを搭載したハイエンドモデルになり、2017年第4四半期(2017年10〜12月)に生産を開始すると噂されております。
そのことから、次期Macbook Proは持ち運びメインではなく、作業メインになり電池持ちがあまりよくなくなるという噂も。

また、次期Macbookは最大16GBのRAMが搭載可能になるとKGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が明らかにしているんです!
ですので、WWDC 2017で発表されるMacbookは、飛躍的パワーを持った今のMacbook Proには及ばずともかなり実用的なモノになるのではと、考えられます。

あくまでも、予想と妄想ですが、WWDC 2017は日本時間6月6日午前2時からだそうで
本当に待ち遠しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です