WWDC2017がいよいよ発表!Macbookはcore i5を搭載!?でも待った!

2017年6月6日、WWDC2017が開催されました。

数々のメディアが色々な予想をしていましたが、ラインナップをまずは流し目に紹介しましょう。

HomePod

wwdc_170606880

こちらは、Siri搭載の「HomePod」です。

HomePodに話しかけている内容はAppleには伝わりません。
HomePodは、HomeKit、Apple Musicに対応しており、
A8チップを搭載で4インチのウーハーを搭載。
値段は、349ドル、カラー展開はホワイトとスペースグレイの2色。
発売開始は12月ですが、日本での発売開始日は未定だそうです。

iPad Pro 10.5インチ

wwdc_170606600

こちらは、購入を考えていた人も少なくはないのではないでしょうか。

大きさは、9.7インチモデルと端末の大きさは同じですが画面の大きさが大きくなっています。
カメラは、12MPで4K動画が撮影可能。
A10X Fusionチップを搭載。スペースグレイ、ゴールド、シルバー、ローズゴールドの4色が展開されており、
MarkUpアプリで、様々なアプリ画面に書き込みが可能。
メモアプリにスキャナ機能を搭載されており、本日から注文が可能で、来週から発送される予定です。

また、iPadのiOSには、PCのようにウィンドウをたくさん見れるようなシステムが新たに登場しています。
打倒Surface Proと言ったところでしょうか。

ますます、大学生は使いやすくなったのではないでしょうか。

iMac Pro

wwdc_170606266

また、新しいMac Proが出ると噂されていましたが、まさかiMac Proとなり、登場してくるとは誰も思っていなかったのではなかったでしょうか?

スペックは、
Thunderbolt 3を4つ搭載し、8-Core Xeon Processorが搭載。
冷却性能が80%アップされており、SSDは4TBを搭載。
カラーはスペースグレイのみで、発売は12月の予定。価格は4,999ドルからとなっております。

iOS 11

wwdc_170606291

一般ユーザは、あまりiOSがアップデートしても良いイメージはないかもしれませんが、細かい機能が増えています。

まず、Apple Payで個人間での送金が可能になり、
Siriがユーザーのパターンを理解し次に使うアプリを予想し、Siriの声を男性に変更が可能となっています。
また、コントロールセンターのデザイン変更、App Storeのデザイン変更が可能で、マップがパワーアップ、Wingnut ARが可能。
翻訳機能のベータ版が搭載されています。

 

その他にも、watchOS 4の発表や、tv OSがAmazon Prime Videoに対応したなど。

しかし、今回注目したいのが、Macbookであります。

Macbookのマイナーアップデート

新型MacBookはCore i5/i7や16GB RAMが選択可能に!Airも超マイナーアップデートしました #WWDC17Image: Apple

登場から2年経ち、何か大きなアップデートをと予想していた人も少なくはないと思います。
しかし、結果はマイナーアップデートでした。

新型Macbook Proは、プロセッサが第7世代のkaby lakeになり、少しお求め安い値段になったようです。

そして新型Macbookでは、プロセッサに第7世代の「Core m3/i5/i7」が選択可能になり、その他にも最大50%高速なSSDが搭載されることでパフォーマンスの速度も最大20%向上したそうです。
またメモリがオプションで16GBが選択可能になり、キーボードが「第2世代のバタフライ構造」のものに変更されました。

Core i5/i7が選択可能!?

出典 apple.com

Macbookといえば、Core Mシリーズでパワー不足と言って懸念されていた方も多いのではないでしょうか?
しかし、今回i5/i7が選択可能で、もう心配はなくなったと思った人も多いのでは?
しかし、お待ちください。

実は、第7世代のKaby lakeからはMシリーズの名称が「m3/i5/i7」になっただけなんです。
もちろん、名称が変わったからには意味があるのかもしれませんが、クロック数が1.3GHとなんともいえません。

現状、これと同じCPUを積んでいるのがLenovo YOGA 710のようで、2012年3月発売。CPUにSandyBridge世代のCore i7 2637Mを搭載したXPS13よりもLenovo YOGA 710のcore m3の方がベンチマークは良かったとか?(参考:plaza.rakuten.co.jp

他にもネットで調べてみると、第6世代のi5シリーズとほとんど差がないとも書いており、
SSDの速度も上がり、メモリも16GBまで搭載することができるので、
動画編集や、Illustrator、フォトショップを中心に作業しないような人は十分すぎるスペックになっており、買いなのかもしれません。

あなたは買いますか?

いかがでしたか?
実は、MacbookAirもプロセッサーの基本スペックが1.8Ghzからになったと超マイナーアップデートをしているんですが、Macbookでは不案な人はこちらでも良いのかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です